透析

人工透析入門

人工透析は腎臓の機能が低下またはほとんど機能しなくなってしまった方のからだの水分を交換する作業です。基本的には岡山の人工透析ができる設備が整っている病院の血液浄化を担当する部門(人工透析室)で行われます。通院の方はみなさん1日から2日程度おきに来院する必要があり、かつ一回の人工透析に要する時間はその日の体調や個人差にもよりますが数時間を要します。とても負担の大きい治療になりますが、人工透析を必要となった方には唯一無二のものとなります。
腎臓は本来血液を濾過してきれいにしたものをからだに戻し、一方で不要となったものを排泄物として体外へ出すはたらきを持っています。しかし、これが機能しなくなると老廃物(毒素)がからだの中に蓄積され、生命の維持に支障きたすような重篤な状態になる恐れがあります。その危険を回避するために人工透析が行われるのですが、そこに至るまでには様々な治療手段が施されます。
それらの治療では効果が望めなくなったり、何かしらの異常が発見された時にすでに腎臓が重篤な状態の場合に人工透析が選択されるため、いわば最後の砦のような位置づけになる治療です。人工透析を行なっている時間は基本的には穏やかに過ごせるような心配りが各岡山の病院で行われていますので各人がそれぞれの時間を過ごしています。最近では穏やかに時間を過ごすばかりでなく、軽い運動(リハビリ)のようなことに取り組んでいる岡山の病院もあるようです。

透析の費用に関すること

日本には健康保険というのがあります。これは公的なものがありますから、基本的にはこれで三割負担以下で行うことができるようになっているのです。制度としては非常に素晴らしいものであり、何かと赤字垂れ流れしといわれますが国民の健康、医療のために役に立っていることは確かです。
では、岡山での透析の費用などに関してはどうなのか、といいますと実は物凄く充実しています。そもそも透析とは腎機能が既にほぼなくなってしまった人がやるしかない治療になります。つまりは、やらないと遠くない将来、ほぼ死ぬことになります。ですから、必須の治療であるわけです。これが三割負担なのか、といえばそうでなく、もっと低い上限で行うことができます。まず、これが大原則なのですが、国民健康保険の被保険者であることです。保険が適用されるわけですから、これが必須なわけです。
そして、収入が基礎控除後600万円を超える場合は、月額で2万円になります。岡山県で年収が基礎控除後に600万円というのは相当に稼いでいる部類ですが、それでも2万円で済みます。それ以外は上限1万円で済むようにもなっています。これほど充実した料金負担を国がしてくれるようになっているのが岡山での透析治療なのです。

透析治療がもたらすメリット

岡山で透析療法とは、末期腎不全になった人がやることになる治療です。腎代替療法ともいいます。これによって、今まではっきりいって死ぬを待つしかなかったような状態の人でも十分な何十年も生きることができる可能性が出てきたわけです。実際にそうした人が多いです。岡山県でも人工透析専門の病院がいくつもあります。
方法としては、主に二種類になります。それが血液透析と腹膜透析になります。これの最大のメリットはやはり、末期腎不全によって死ぬことがなくなる、ということです。腎臓の代わりをしてくれるような治療行為になるからです。但し、合併症などは起きる可能性がありますから、そちらには十分に注意した方が良いでしょう。透析療法というは、現状、極めて高いレベルで確立されています。ですから、末期であろうとも意外とどうにかなる、ということになっています。
社会生活においていくらかの制限が出て来ることはあります。何しろ、血液透析の場合、週三程度で病院に通うことになりますから、かなり行動に制限がかかってくることになるのです。しかし、死ぬことがなくなる、というのは何よりも素晴らしいことですし、岡山県で透析をしながらでもしっかりと社会活動をしている人はたくさんいるわけですから、いくらでもやり方次第では普通の生活と大差なく活動できるのです。


透析治療を希望している方は日本でも多くなってきています。しかし、それをきちんと受けられる病院が不足している傾向にもあります。もしいますぐ透析治療を受けたいという希望がある方は、岡山の透析治療ができる病院に相談してみてください。こちらなら、すぐに透析治療の準備を進めてくれるかもしれません。

最新記事一覧

2017年04月13日
腎臓が悪くなりすぎると透析をするを更新しました。
2017年04月13日
透析患者が気をつけるべきことを更新しました。
2017年04月13日
腹膜透析とはどんな透析かを更新しました。
2017年04月13日
透析は非常に素晴らしいですがを更新しました。

おすすめ情報